腱鞘炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 長時間のパソコン作業で手首が痛む
  • 仕事で思い物を持つことが多く肘が痛い
  • 赤ちゃんを抱っこしようとすると手に痛みが走る
  • テニスでラケットを握ろうとすると手首が痛む
  • 細かい作業や字を書くことが多く常に腕がはっている

腱鞘炎は放っておいても良くなりません

腱鞘炎とは

 

腱鞘炎の腱鞘とは筋肉や靭帯と同じような組織で、腱が通るためのトンネルのようなものを言います。

腱鞘炎とは腱とが擦れ合うことで腱鞘との間で炎症が起きている状態を指します。主に手先を良く使う仕事や重いものを持つ仕事をされている方に多発します。腱鞘炎は手首周りや肘などで起きやすく、一度腱鞘炎になってしまうと徐々に悪化する傾向がみられます。

 

腱鞘炎の一番の原因は使いすぎです

腱鞘炎はいわゆる『使い痛み』が主な原因です。くり返し腱と腱鞘が擦れ合うことにより、熱を持ったりはれたりします。

腱鞘炎も初期のうちは冷やすなどすることで症状を緩和できますが、痛みがある程度きつくなると家事や台所作業など日常生活にも支障が出るようになります。

こうならないためにも、早目の治療開始が重要になるのです。

 

産前や産後の女性にも腱鞘炎は起きます

『赤ちゃんを抱っこしたりすると手首や肘が痛くなって…』こういう声を産後の女性から良く聞きます。

『出産後だから家事もそんなにしているつもりは無いんだけど…』思い当たる原因が無いのに突然腱鞘炎になるんです。

実は産前産後の女性は腱鞘炎が起きやすくなっているのです。思い当たる原因が無いのに手首が痛くなる女性はもしかするとホルモンバランスの崩れが原因の腱鞘炎かもしれません。このような症状の方にも施術しております。

 

 

腱鞘炎が悪化あるいは長期化しやすいわけ

 

腱鞘炎は主に手首や肘で起こりやすいということは、普段使わないわけにいかない部分が痛くなるということなのです。特に女性は男性よりも筋肉が少ない上に、仕事などで細かい作業を長時間行うことが多いので、ほっておくと痛みが治るどころかかえって痛みが増してくるのです。

また少し良くなったと思って、いつもどおりの仕事をしたとたんに、元の状態に逆戻りなんてことも珍しくありません。

腱鞘炎が良くなる為には施術はもちろん、普段の仕事や生活から来る負担をいかに減らしてあげれるかがポイントになります。

 

 

 

 

腱鞘炎が悪化すると病院では

手術をすすめられる様になります。

 

腱鞘炎になると病院では注射によるステロイド剤や痛み止めが処方されます。それで腱鞘炎が良くなればいいのですが、

うずきや痛みが強くなり、腱鞘炎が良くならないと手術をすすめられるようになります。

手の部分の手術は難しいものではありませんが、手術後も物が握りにくいとか握力が落ちたという声を聞くこともあります。

 

神戸市西区ライフポート整体・整骨院 グループ院のご紹介

西区|神戸市営地下鉄「学園都市駅」より南へ徒歩1分!はぴね神戸学園都市1F

学園都市鍼灸整骨院へのご予約・お問い合わせはこちら!

お電話でのご予約はこちら!
ネット予約はこちら!
学園都市鍼灸整骨院の受付時間

〒651-2103
神戸市西区学園西町1-1-2

詳しい店舗情報を見る

MAP
西区|西神中央駅より市バス21・22系統「かすがプラザ前」下車

西神鍼灸整骨院へのご予約・お問い合わせはこちら!

お電話でのご予約はこちら!
ネット予約はこちら!
西神鍼灸整骨院の受付時間

〒651-2276
神戸市西区春日台3-3 かすがプラザ内

詳しい店舗情報を見る

MAP
須磨区|神戸市営地下鉄「妙法寺駅」徒歩1分 リファーレ横尾 内

妙法寺鍼灸整骨院へのご予約・お問い合わせはこちら!

お電話でのご予約はこちら!
ネット予約はこちら!
妙法寺鍼灸整骨院の受付時間

〒654-0131
神戸市須磨区横尾1-5 リファーレ横尾 内

詳しい店舗情報を見る

MAP

UP