神戸市西区の不妊治療サポート

月経が起こる仕組み①

2015年10月1日

月経が起こるしくみ①

生理の時の性器からの出血を経血といいます。

経血は子宮内膜がはがれて溶け出たものです。

子宮のことをお話しますと、子宮の内側は、

子宮内膜という特別な膜でおおわれています。

この内膜は体の他の部分の膜と違いがあり

月経の周期に応じ、子宮内膜の厚みに変化を起こします。

子宮内膜は月経後はだんだんと厚くなっていき、

月経前(生理前)になると約1cm程度の厚さになります。

一般的に内膜というと、1枚のラップのようなものを

想像する人もいるかもしれませんが、

子宮内膜は、細胞や毛細血管、分泌液を出す分泌腺などを

含む特殊な組織なのです。

子宮内膜は2層構造になっており

この2層は機能層と基底層と呼ばれています。

月経時には、内膜の表面部分にあたる機能層

の部分が溶けてはがれ落ち、出血が起こるのです。

この膜は血がやわらかく固形になったものと考えてください。

月経時にある酵素の働きにより凝固因子を阻害し

機能層の血で出来た部分が、血液を固まらせることが出来ずに

溶け出てしまうのです。

そして溶けた内膜が月経血となって、性器から外に出てきます。

ところが、出血量が多いときなどでは、酵素の働きが不十分で、

一部が凝固したままで体外に排出されてしまうこともあります。

こいうものが月経困難症(げっけいこんなんしょう)の原因になります。

月経血とは、血液が固まって出来ていた子宮内膜がはがれて

溶けて出てきたものです。

機能層がはがれてもその下の基底層の働きにより

また次の月になると新たに機能層の組織を作り出し、

子宮内膜を厚くしていきます。

このように子宮内膜がはがれて外に出て、

また作り出すという毎月のサイクルは、

女性ホルモンによって起こります。

これが女性の子宮のなかで初潮から閉経を迎えるまで

毎月繰り返されているのです。

神戸不妊整体公式ホームページはこちら

神戸不妊整体お客様の声

神戸不妊整体へのお問い合わせご質問

お電話でのご予約・お問い合わせもお受けいたします

078-743-7383(木曜日定休)妙法寺鍼灸整骨院

更年期前の月経不順

2015年09月30日

≪月経不順の種類≫

⑤更年期前の月経不順

体の老化と同じく卵巣の老化は、

すでに35才ごろから少しずつはじまっています。

更年期の前段階の更年期前の時期(35才~40才)で、

特に思い当たる理由無く、突然月経周期が乱れたり、

普段と比べ経血量が減るなどの症状がある人は、

体の中で閉経に向けての変化がすでに始まっているのかもしれません。

通常閉経は50才前後ですから、はやくから更年期のような状態が

はじまると、当然老化もはやくなります。

近年では初潮の始まりも以前に比べ低年齢化の傾向があることから

終了するのも早くなると考えられています。

原因としては体質の他に、

食物に含まれる成長モルモンや

環境ホルモンもその原因のひとつであると

考えられます。閉経後は骨粗しょう症などの症状も進みやすいので

中には女性ホルモンの不足を補う治療を必要とすることもあります

神戸不妊整体公式ホームページはこちら

神戸不妊整体お客様の声

神戸不妊整体へのお問い合わせご質問

お電話でのご予約・お問い合わせもお受けいたします

078-743-7383(木曜日定休)妙法寺鍼灸整骨院

女性の一生と生理期間

2015年09月30日

生理の期間

女性が一生のうちで、月経があるのは平均で35~40年間と言われます。

初潮を迎えてから、閉経まで個人差はありますが、

平均的な女性で一月の月経の期間は毎月5日間とされているので

そこから月経期間を計算したとすると、

驚くことに約6年半以上も月経と付き合うことになります。

女性の生活と切り離せない月経のしくみについては

異常がないかほかの人と違わないかを常に気にかけておくことと

ご自身の体質を良く知ることも重要です。

そうすることで健康的な生活を送りたいものです。

神戸不妊整体公式ホームページはこちら

神戸不妊整体お客様の声

神戸不妊整体へのお問い合わせご質問

お電話でのご予約・お問い合わせもお受けいたします

078-743-7383(木曜日定休)妙法寺鍼灸整骨院

卵子を減少させる原因

2015年09月29日

卵子を減少させる要因

卵子の数が増えることがないということは以前の記事でもお分かりになられたと思います。

卵子の数は成人女性で約400個と言われています。

加えて、卵子の数は月経周期ごとに減り続けるので、

当然年齢が上がるにつれて減少傾向があるのですが、

最近の研究では若い女性にもも卵子が減少している傾向がみられる

という研究結果が出ています。

年齢以外の卵子の減少の研究によると、

①体脂肪率が低い(平均22.6%で減少していない女性と比べ4ポイント低い)

②ビタミンDが不足している

こういう状態が続くと、

若い女性であっても卵子の数が一般的な方と比べ減少してしまうことになります。

妊娠だけにかかわらず健康的で病気になりにくい身体を作るためにも

過度のダイエットは避け、バランスの良い食事と運動は必要なのです。

近年はダイエットブームで

様々なダイエットが流行っていますが、特に極端な単品ダイエットや

摂食制限は避けるほうが良いと考えています。

神戸不妊整体公式ホームページはこちら

神戸不妊整体お客様の声

神戸不妊整体へのお問い合わせご質問

お電話でのご予約・お問い合わせもお受けいたします

078-743-7383(木曜日定休)妙法寺鍼灸整骨院

卵子の数は決まっている

2015年09月28日

卵子の数
女性が一生涯のうちに排卵する卵子は約400個といわれています。

女性の卵子は生まれた時に決まっており増えることはありません。

男性の精子は毎日産生され続けるのに対して、

原子卵胞(女性の卵子の基となる細胞)は出生時に出来上がっています。

原始卵胞は約200万個と言われています。

この原始卵胞は、一般的な女性では思春期に約20~30万個まで減少します。

その後も、月経周期ごとに約数百~千個が減少するとされます。

一日あたり約数十個が減少していき、その後閉経を迎えます。

女性が成人して閉経するまでに排卵する卵子の数は、約400個なのです。

女性の体はその中から良い状態の卵子を排卵しようとするのです。

年齢があがると卵子の質が落ちると言われる大きな理由の一つが

卵子の総数が多い方がその中から良い卵子を選びやすいということなのです。

当然良い卵子ほど、受精や着床がしやすくなります。

高齢出産ほど妊娠が難しくなる理由はこういったことから言えるのです。

出産できる卵子が排卵されるためには、卵胞の数自体がが多い方が有利です。

一般的には卵胞数が多ければ妊娠しやすい(若い時)、

減少すると妊娠しにくくなる(高齢になるほど)とされます。

神戸不妊整体公式ホームページはこちら

神戸不妊整体お客様の声

神戸不妊整体へのお問い合わせご質問

お電話でのご予約・お問い合わせもお受けいたします

078-743-7383(木曜日定休)妙法寺鍼灸整骨院

過小月経と過短月経

2015年09月27日

≪月経不順の種類≫

④過少月経と過短月経

生理時に経血量が極端に少なく、例えばナプキンの表面に経血が

わずかにつく程度で終わってしまうような状態を

過少月経(かしょうげっけい)といい、

正常な女性では5日前後ある月経がわずか2日以内で

終わってしまうものを過短月経(かたんげっけい)といいます。

原因としては女性ホルモンの分泌量が少ないため、

子宮内膜の厚みが薄い、あるいは子宮自体が発育しきっていない

発育不全などが考えられ、

中には甲状腺機能の異常が原因であることもあります。

月経は来ても排卵のない無排卵月経を合併している場合も多いので、

長期間放置すると不妊の原因にもなります。

程度や場合によっては、婦人科でのホルモン剤などでの治療が

必要なこともあります。

神戸不妊整体公式ホームページはこちら

神戸不妊整体お客様の声

神戸不妊整体へのお問い合わせご質問

お電話でのご予約・お問い合わせもお受けいたします

078-743-7383(木曜日定休)妙法寺鍼灸整骨院

過長月経と過多月経

2015年09月26日

≪月経不順の種類≫

③過長月経と過多月経

月経は一般的に5日前後だと言われています。

しかし中には、月経期間が8日以上ダラダラ続く月経があり

これをを過長月経(かちょうげっけい)といいます。

過長月経(かちょうげっけい)の原因としては、

ホルモンバランスの乱れや子宮自体の病気が潜んでいることもあります。

ホルモンを分泌あるいはコントロールする脳の視床下部、下垂体、

卵巣などの器官に

何らかの異常やトラブルがあって無排卵周期になっていることがあります、

または黄体ホルモンの分泌が不十分なために

黄体機能不全になっている可能性も考えられます。

次に、月経時の出血量が増えるあるいは経血にレバー状の

血のかたまりが混じるといった状態を月経過多と言い、

出血量に加え月経痛がひどいなどの症状がみられる場合は、

病気が考えられます。

一例として子宮筋腫や子宮腺筋症、子宮内膜炎、子宮がん、ポリープなど

があげられます

こういう症状に思い当たる場合は婦人科を受診しましょう。

神戸不妊整体公式ホームページはこちら

神戸不妊整体お客様の声

神戸不妊整体へのお問い合わせご質問

お電話でのご予約・お問い合わせもお受けいたします

078-743-7383(木曜日定休)妙法寺鍼灸整骨院

男女の産み分けについて①

2015年09月22日

男女産み分けについて①

≪赤ちゃんの男女産み分けは100%可能か?≫

結論から言うと100%の産み分け法は現在のところありません

産み分けを希望する人にとっては男の子女の子のどちらが生まれるか

ということはもっとも関心のあることでしょう。

しかし、専門医が科学的に立証した産み分け法を実践したとしても、

残念ながら100%成功するとはいえません。

最近のデータをみてみると、

男の子を希望した人で81~91%、女の子を希望した人で70~80%の成功率です。

ここで重要なのは産み分けに挑戦した結果が望んだ性の子どもではなくても、

大切なお二人の子どもであることに変わりはありません。

たとえどちらの性であっても、必ず愛情と責任をもって生み、

育てるという自信と責任がなければ、産み分けに挑戦するべきでないと思います。

≪性別は、女性の体質ではなく、男性の精子で決まります≫

昔は、現代ほど医療技術や検査法が発達していなかったために

生まれてくる子どもの性別は、女性側にその原因があると考えられていました。

そのためいわれのない偏見や差別でつらい思いをした女性がたくさんいました。

しかし、現代の技術では、生まれてくる子どもの性別は、女性側には

全く関係の無いことだと証明されました。

つまり卵子が性別を決定しているわけではないのです。

性別を決定しているは女性側の卵子ではなく、男性側の精子なのです。

詳しくいうと、精子の頭部には23個の染色体が入っており、

そのうちの1個(性染色体)がどのような染色体かによって、

生まれてくる子どもの性が男の子か女の子か決まるということなのです。

≪X精子とY精子の違い≫

精子には、2種類の違うタイプの精子があります。

前述の性を決定する23組目の染色体の違いなのです

この染色体には種別ありXX染色体とXY染色体の2種類が存在します。

X染色体をもつ精子(XX)が卵子に入れば女の子になり、

Y染色体をもつ精子(XY)が卵子に入れば男の子になる

という具合です。

このことからX染色体2つを1対とするものをもつ精子(XX)をX精子、

X染色体とY染色体の組み合わせをもつ精子のことを(XY)Y精子とよばれています。

この2種類の精子の特徴はと言いますと

①女の子をつくるX精子は酸性に強い、X精子はY精子の数の半分

②男の子をつくるY精子はアルカリ性に強い、Y精子はX精子の2倍も数が多い、Y精子は酸性に弱い

≪膣内は酸性≫

膣というところは、直接外界に接している器官ですから、

清潔に保ち、外部の雑菌の侵入を防ぐため、

常に強い酸性の状態で保たれています。

Y精子の数はX精子数よりも約2倍も多いのですが、

それは、酸性に弱いY精子の数をX精子の数よりも多くすることで、

卵子と結合できる機会に差ができるようになるようなっているのです。

まさに、「自然の摂理」としかいいようがありません。

膣内部から先の子宮頸管や子宮内部は膣内と違い

アルカリ性をしめし、Y精子が有利といえます。

神戸不妊整体公式ホームページはこちら

神戸不妊整体お客様の声

神戸不妊整体へのお問い合わせご質問

お電話でのご予約・お問い合わせもお受けいたします

078-743-7383(木曜日定休)妙法寺鍼灸整骨院

不妊治療の際、顕微授精から始めるケース【病院での不妊治療】

2015年09月21日

前回の不妊治療の3ステップのお話を見ていただいたうえでのお話です。

不妊治療の3ステップはあくまで病院での基本方針です。

妊娠を望まれているご夫婦と言っても条件は様々です

すべてのご夫婦が3ステップの1ステップから始めるとは限りません

加えて不妊治療を悪くいうつもりは全くありませんが、

当然のことですが、ご夫婦によりできるだけ自然妊娠できるにこしたことはありません。

不妊治療際の検査結果がさほど悪くなく、年齢的にもまだお若い場合には、

自然妊娠を目指す目的で、タイミング療法から始めるのがいいでしょう。

それを何回か繰り返しても効果が得られない場合に、次のステップを考えていけば良いのです。

不妊期間も長く、女性の年齢がすでに30代の後半という場合などには

タイミング療法からスタートすることが良いとは限りません。

不妊治療をスタートするときに、体外受精を開始する時期を早めることもありますし、

男性側の検査結果で精子の数が極端に少ない場合などでは顕微授精からスタートすることもあるのです。

病院での医師からの提案に疑問を持ったり、不安を持ったりする方の中には

そういったことを知らされず、受け身な姿勢で臨んでおられる場合があります。

医師に「私はこうしたい、こう考えている」ということを素直にぶつけてみましょう。

そこで納得いかない場合は無理にその治療を進めていくことが

結果的にいい結果に結びつくことにつながらない場合あるのです。

神戸不妊整体公式ホームページはこちら

神戸不妊整体お客様の声

神戸不妊整体へのお問い合わせご質問

お電話でのご予約・お問い合わせもお受けいたします

078-743-7383(木曜日定休)妙法寺鍼灸整骨院

不妊治療の3ステップ【病院での不妊治療】

2015年09月20日

不妊治療を行う病院での不妊治療の3ステップ

不妊治療を行ってなっている不妊治療では基本的に

①タイミング療法(排卵誘発を含む)→②人工授精→③体外受精(顕微授精)

といった3段階を、試していくいくのが一般的です。

このステップは、「医療技術により精子と卵子の距離を、近づけること」

が目的であると考えると理解しやすくなります。

①タイミング療法(指導)で精子は膣内に

タイミング療法(指導)では、排卵日を特定するだけで、自然妊娠と全く同様に、

精子はセックスによって膣内に放出されます。

卵子との出会いのチャンスを確実にするためのフォローとしてタイミング療法(指導)

に加えてhCGの注射をおこないます。それにより排卵を促しすことができます。

また、それでも効果が見られないような場合には、

排卵誘発剤(クロミッドなど)を使って卵の数をふやすことで

精子と卵子を出会わせる確率を高めることもあります。

②人工授精で精子は子宮内に

タイミング療法で効果がない場合次のステップに進みます。

人工授精と体外受精を混同している方もおられますが、

人工授精とは簡単に言えば、子宮の中に精子を注入する方法です。

そうすることで精子がもう一歩卵子に近づけるようにするのです。

③体外受精で精子は卵子の隣に

次のステップが体外受精です

体外受精は、精子は培養液の中で卵子と隣り合わせにされ、

受精を見守られることになります。

顕微授精はもっとも精子と卵子の距離が近くなるもので

顕微授精では精子は卵子に注入するというものです。

精子は、顕微鏡下の操作で、卵子の中に直接送り込まれます。

いいかえると顕微授精は「精子と卵子の究極の最短距離」と言えるでしょう。 

神戸不妊整体公式ホームページはこちら

神戸不妊整体お客様の声

神戸不妊整体へのお問い合わせご質問

お電話でのご予約・お問い合わせもお受けいたします

078-743-7383(木曜日定休)妙法寺鍼灸整骨院

1 2 3 4 5 6 7

神戸市西区ライフポート整体・整骨院 グループ院のご紹介

西区|神戸市営地下鉄「学園都市駅」より南へ徒歩1分!はぴね神戸学園都市1F

学園都市鍼灸整骨院へのご予約・お問い合わせはこちら!

お電話でのご予約はこちら!
ネット予約はこちら!
学園都市鍼灸整骨院の受付時間

〒651-2103
神戸市西区学園西町1-1-2

詳しい店舗情報を見る

MAP
西区|西神中央駅より市バス21・22系統「かすがプラザ前」下車

西神鍼灸整骨院へのご予約・お問い合わせはこちら!

お電話でのご予約はこちら!
ネット予約はこちら!
西神鍼灸整骨院の受付時間

〒651-2276
神戸市西区春日台3-3 かすがプラザ内

詳しい店舗情報を見る

MAP
須磨区|神戸市営地下鉄「妙法寺駅」徒歩1分 リファーレ横尾 内

妙法寺鍼灸整骨院へのご予約・お問い合わせはこちら!

お電話でのご予約はこちら!
ネット予約はこちら!
妙法寺鍼灸整骨院の受付時間

〒654-0131
神戸市須磨区横尾1-5 リファーレ横尾 内

詳しい店舗情報を見る

MAP

UP