神戸市西区学園都市・西神・妙法寺ライフポート整骨院ブログ

神戸スリムラボの フェイシャルメニュー

2017年03月26日

こんにちは!神戸スリムラボのスタッフ林です!

今日は神戸スリムラボのフェイシャルメニューのご紹介です。

HPにはお顔のコースは美容鍼のみになっていますが、

現在は「小顔美押マッサージ」というメニューがあります。

機械は使わずオールハンドでのマッサージになります。

デコルテから首を含めたマッサージで、引き締めのパックを最後に

させて頂きます。

 

美点マッサージで有名な田中先生に指導して頂き、

好評をいただいております。

先日は西神の小林先生に体験して頂きました。

 

 

 

1回の施術ですが、あごのラインや首の太さがすっきりしました!

ご本人からは目が開けやすくなったとか、

首が動かしやすくなったとか、言って頂きました!

 

今月は1000円引きのキャンペーンをしておりますので、

ぜひお問い合わせください。

西海の膝治療日記その11

2017年03月25日

こんにちは。

西海です。

 

今日は前十字靭帯の治っていく経過を書いていきます。

 

一般的に前十字靭帯損傷後、手術をしてリハビリをして完全によくなるまで約7.8ヶ月かかると言われています。

 

手術後で言うと普通に歩いたりするまでに1カ月、ジョギングなどが出来るまでに3カ月、スポーツ復帰までには6.7カ月かかると言われています。 

 

これはしっかりリハビリを行なった結果ですので個人差はありますが、リハビリやっていないと変な痛みが残ったり、再び靭帯を断裂してしまう可能性もあります。

 

治癒の経過としては‥‥

手術後、膝関節の中では前十字靭帯があった部位には別の腱が入っています。 

骨に穴を開け、そこにチタンで出来たボルトで腱を靭帯と同じ様に移植します。

 

という事は自分の体の物とはいえ、異物が入っている状態です。

この腱にはまだ血管などが繋がっていないために栄養がいきません。

 

なので術後1〜2ヶ月の間で再建靭帯はほぼ死んで状態になってしまいます。

 

その後3ヶ月経つと移植された靭帯を栄養する血管ができ、靭帯線維の強度が強くなっていきます。

 

さらに移植された靭帯と周囲にある骨が結合して、自分の骨に靭帯が固定されてきます。

 

これをリモデリングと言います。

 

これが行われると再建した靭帯がスポーツなどをしても問題ないくらい強くなっているのでジョギングなどを開始出来ます。

 

そこから徐々にリハビリの強度を上げていき、スポーツ復帰に向かいます。

 

僕の場合は仕事復帰が出来たらある程度はいいのですが、リハビリはしっかり頑張って行こうと思います!

西海の膝治療日記その10

2017年03月24日

おはようございます。

西海です。

 

昨日は手術をして一週間経ったので病院へ行ってきました。

手術部位の抜糸をしてもらい、経過を見てもらいました。

自分でリハビリしている感じとしては前にも書いた様に、

膝は100度まで曲がり、太腿の筋肉にも力が入る様になってきているので日に日に良くなってきていると思います。

 

 

 

先生曰く

 

「皮膚もしっかりくっついてきているし、膝の曲げ伸ばし、筋力もしっかり入っているから順調だよ」

 

「人によっては膝が少ししか曲がらず固まってしまったり、それによって大腿四頭筋が使えずに筋力がかなり下がってしまったりするから、西海さんは回復が早い方だよ。」

と言っていただきました。

 

なぜ人によって回復に違いがあるのか聞いた所やはり手術前の膝の状態が凄く重要らしいです。

 

しっかり曲げ伸ばしが出来て筋肉にも力が入っている状態、まぁ普通の膝ですね。

 

そこまでリハビリが出来ていると回復も早いそうです。

 

松葉杖も両松葉から片松葉に変わりました。

 

先生に仕事復帰について聞いた所、大分良くなってきているから来週の診察した時に松葉杖も外せそうなら良いんじゃないかと言っていただきました。

 

と言うことで来週の金曜日から復帰します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ完全ではありませんが出来る事からやっていきたいと思いますので‥‥

 

院長という立場でありながら本当にみなさんにご迷惑をおかけしております。

 

これからは怪我や病気にならない様、プロとして自己管理を徹底して仕事に打ち込んでいきます。

 

心機一転頑張っていきますのでよろしくお願いします。

西海の膝治療日記その9

2017年03月22日

こんにちは。

西海です。  

 

今日は手術からちょうど一週間経ちましたので今の膝の状態を説明していきます。

 

痛みは大分落ち着いてきました。

 

松葉杖をついて歩けば殆ど痛みはない状態です。

 

腫れなどもすこし引いてきていますが常にアイシングはしていないと熱がこもってきて痛みが強くなってきます。

 

 

 

 

 

そして手術後の縫った部分の皮膚と周りの筋肉がガチガチに固まってしまっているのでそこに力が入って痛みます。

 

 

1.腱を採取した場所 

2.3.関節鏡を入れた場所

4.血液を排出するチューブが入っていた場所

 

それでも始めの痛みに比べたら半分くらいにはなってきました。

 

毎日リハビリも頑張っています!

前にブログでも紹介した様にアイシングと膝の曲げ伸ばし、そして大腿四頭筋の筋トレを主にやっています。

 

リハビリの先生にも

 

 

 

 

 

 

 

 

「しっかり曲がってるし筋肉もそこまで弱くないからあとは毎日続ける事が大事だよ。」

と言われました。

 

これからも引き続き毎日リハビリに励んでいこうと思います!

自分の感覚では3月末くらいには仕事に戻れそうです!

西海の膝治療日記その8

2017年03月21日

 

こんにちは。西海です。

 

今日も引き続き入院生活について書いていきます。

 

あんしん病院は整形外科、スポーツ障害、リハビリ専門の病院なんですが、

膝の手術においては全国でも一番患者さんが多いらしく、特に膝の人工関節の手術をされる方がとても多いらしいんです。

 

 

 

 

 

 

 

実際入院中にリハビリセンターや食堂では60、70代の方に良く出会いました。

みなさん人工関節の手術の様でした。

 

それ以外では肩の腱板断裂をされている方や学生さんで僕と同じ様に前十字靭帯断裂や半月板を損傷している方などもいました。

それでも9割型はおじいちゃんおばあちゃん達でした。

リハビリセンターや食堂ではおばあちゃん達とよく話をする機会がありました。

特に食堂は結構狭いのでおじいちゃんおばあちゃん達と必ず相席になります。

 

毎回違う方々と相席になるのですが毎回皆さん僕に 

 

「お兄ちゃん、どこ痛めたんや?」

 

「学校は休んどるんか?」

 

「練習出来ひんのつらいやろ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と聞いてきました(笑)

前から若く見られる事はありましたが

もうすぐ30歳なんで学生に間違われるのはびっくりしました笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも入院中は話し相手もいないので結構孤独だったんですがおばあちゃん達が話しかけてくれて助かりましたし、痛みを分かち合いました。

 

 

 

 

 

 

お知らせ!学園都市鍼灸整骨院より

2017年03月21日

3/20をもちまして

学園都市鍼灸整骨院の午前看板娘の笑顔が素敵

寺本さんが退職となりました。

少し、いや、かなり寂しいです。

寺本さんは今後は自身の目標にむかって頑張っていかれます 😛 。

皆さん応援してあげてくださいね(^_-)

午前中の受付は現在勤務している受付さん3人が日替わりで出勤致します。どうぞよろしくお願い致します。

 

西海の膝治療日記その7

2017年03月20日

おはようございます。

西海です。

 

今日は入院生活について書いていきます。

入院は3泊4日でした。

入院初日に手術をして次の日からリハビリを開始していき、松葉杖をついて歩ける様になったら退院という感じですね。

一般的に前十字靭帯再建術では10〜14日くらい入院するらしいのですが、あんしん病院では手術による切開する範囲が少ない分、体に負担も少なく早期に退院する事が出来るそうです。

 

僕自身、入院するのが初めてだったのですが、入院生活はリハビリ以外はやる事がないから暇つぶしに何か持っていったほうがいいと聞いていたので、色々考えて用意しました。

 

大量にお菓子を買ったり

 

買ったけど読んでなかった本だったり

 

ちょうど良い機会なので勉強したり

 

娯楽として3DS持っていたったり

 

としっかり準備をしました!

これで入院生活もバッチリ!

 

 

 

 

しかし‥‥

入院生活は殆ど寝て過ごす事になりました。

 

 

それは何故かというと

初日は術後の痛みと麻酔の影響か頭がぼーっとしていたのでゆっくり休みました。

次の日からは痛みが大分マシになりました。

術後、患部に血が溜まらないように排出するチューブを入れていたんですがそれを抜いてから痛みがマシなのか、痛み止めが効いているのか、どちらかわかりませんがかなりマシになりました。

 

 

 

 

これから入院生活が始まるんやな〜と思っていた矢先

 

夕方くらいから熱が高くなり胃の痛みが出てきました。

 

それにより何もする元気がなくなってしまいました。

 

結局入院中は膝よりもずっと胃の痛みとの戦いでした。

 

 

 

 

 

 

 

お医者さんに聞くと

 

「キツめの痛み止めの薬だから胃がよわい人はやられるかもしれん」

ということで‥

 

胃の弱い人でした。

 

お医者さんには

「胃も辛いやろうけど膝の為に痛み止めは飲まないとダメやから胃薬出しておくね」

と言われました。

 

その後も食べると痛い、食べると痛い、そして熱っぽいがずっと続いたので結局入院中はずっとそんな感じでした笑

食欲はあるのに食べられないって辛いですね〜

 

退院して胃が治ったらラーメン食べよ!

 

西海の膝治療日記その6

2017年03月19日

おはようございます。

膝休暇中の西海です。

 

今日は昨日の続き膝の手術について話していきます。

 

前十字靭帯再建術には二つの術式があります。

BTB法とSTG法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

この二つの違いとしては靭帯の代わりになる腱が違います。

まずBTB法ですがお皿の下にある腱を使います。
両端に骨(お皿の骨と脛の骨を三分の一ずつ)をつけた状態で採取し、端の骨部は骨内に埋め込んだ状態で固定します。

赤い丸のところです。

 

 

 

 

骨が付いていることから術後の早くから安定性があります。

昔はこのBTB法が主流でした。

しかし手術による足への負担が少し多い事と採った腱の場所が術後希に後遺症として痛みが残る事があるそうです。

なので早期に復帰を希望するスポーツ選手の為などに行われる術式になっているようです。

BTBとSTGでスポーツ復帰後の前十字靭帯の強度に差はないもののBTBの方が少し早く復帰出来るようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ではSTG法ですが、自分の骨ではなくチタンを骨替わりに使いハムストリングと呼ばれる太ももの裏側の筋肉の腱を使います。

BTB法に比べると術後の安定性は劣りますが、体の負担は少なく後遺症などもないそうです。なので近年ではBTB法からこちらの術式を選択する人が増えているそうです。

私もこの術式でやってもらいましたので入院は3泊4日でした。

採取するのは赤い丸のところです。

 

まだまだ前十字靭帯の再建術は進化する可能性があるらしく
5年後にはまた、新たな術式が生まれている可能性も十分にあるみたいなので、医学の進歩は本当にすごいですね〜

 

 

 

西海の膝治療日記その5

2017年03月18日

お久しぶりです。

膝を負傷中の西海です。

かなり日記を書いてませんでしたが実はこの間にリハビリも終わり、手術をしてきました。

 

それではこれまでの経過を‥

毎日休むことなくリハビリを続けてきた結果、かなり良くなってきました。

現在では膝の曲がりも120~130度まで曲がるようになり

筋力も80%ほどまで回復してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

日常生活もほぼ不自由なく行えます!

さすがにジャンプや走ることはできませんが一月前はギプスと松葉杖なしではあるけなかったのが嘘のようです。

 

このまま手術しなくてもいいんじゃないかと思うくらいです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ここまで良くなったのも色々な人に支えられてきたからだと思います。

僕が治療に入れない間、代わりに職場の仲間達が治療に入ってくれました。

さらにリハビリまで手伝ってくれて……

情けない院長ですいませんでした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リハビリが思うように進まないことに悩んでいた時には関東に住むスポーツトレーナーの友達が治療やリハビリをしに帰ってきてくれました。

治療はとてつもなく痛かったけどおかげでギプスをはずせるようになりこの日を境にどんどん回復していきました。

わざわざリハビリメニューを作ってくれたおかげで毎日頑張れました。

家族には病院への送り迎えや家での身の回りの世話など色々な事を助けられました。

 

患者さんの皆さんには本当にご迷惑をおかけしております。

それなのに暖かい言葉をかけて頂き本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に色々な人々に助けられました。

 手術してまたリハビリを頑張って早く良くなって皆さんに恩返ししていかないといけないと決意しました!

 

病院の先生にも膝の具合を診てもらったところ、筋力、可動域ともに良くなっているということでこれなら手術が出来るという事で早速手術の予約をしてもらいました。

手術は全身麻酔で行いますので手術前に麻酔が出来る体なのかの検査を受けます。

本来なら心臓や内臓の状態なども検査をするのですがまだ年齢も若いし特に既往症もないことから問診と血液検査のみで検査は終わりました。

手術は前十字靭帯再建術といい、靭帯を縫合するのではなく他の筋肉から腱をとってきて移植していく術式になります。

今日はこれくらいで終わります。

今は退院して仕事復帰まで家でリハビリくらしか出来ないのでこれから手術の内容や入院生活などを書いていきますので。

 

神戸スリムラボ スタッフ紹介

2017年03月10日

 

今さらですが、神戸スリムラボのメメンバーをご紹介させて頂きます。

パワフルなマネージャー春山を筆頭に

20代30代の、妊婦、ママ、いまどき女子が元気に働いています。

 

2月はみんなでランチに出かけていました。

 

 

 

この日はある目的があって元町の大丸に出かけていたのですが、

食事中は日頃の面白エピソードをしゃべり倒し、

目的を果たした後は、神戸の街をぶらぶらしながらしゃべり倒し、

ずーっとお話に夢中でした。

 

とにかく賑やかな4人は施術中もいろんな話をしています。

食生活、生活習慣、子育ての悩み、たまには旦那さんの愚痴(笑)

痩せやすい体質作りをしていくため、

いろんな質問をさせて頂いて、改善をお願いさせて頂くこともございますが、

とにかく楽しく通って頂いて

コースが終わるころには目標の体重、目標のボディラインを

手に入れてもらっています 🙂 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの方に喜んで頂けるように、

これからもスタッフ一同、心を込めて施術させて頂きます。

 

 

☆スタッフを募集しています☆

正社員・パート・アルバイト

給与:正社員160,000~(経験などで変動・手厚い報奨金あり)

   パート・アルバイト 時給900円

                       日曜日、祝日は1,000円

休み:木曜日定休日 完全週休二日 希望休み可能

   パート・アルバイトの方は曜日・時間帯ご相談ください。

勤務時間:平・土曜 AM8:00~PM19:00(2時間の休憩有)

     日・祝日 AM9:00~PM15:30(学園都市店)

          AM9:00~PM16:30(妙法寺店)

 

 

お問い合わせ:学園都市鍼灸整骨院

      078-791-3373

 

ご応募お待ちしております☆

1 2 3 4 5 6 7 8 23

神戸市西区ライフポート整体・整骨院 グループ院のご紹介

西区|神戸市営地下鉄「学園都市駅」より南へ徒歩1分!はぴね神戸学園都市1F

学園都市鍼灸整骨院へのご予約・お問い合わせはこちら!

お電話でのご予約はこちら!
ネット予約はこちら!
学園都市鍼灸整骨院の受付時間

〒651-2103
神戸市西区学園西町1-1-2

詳しい店舗情報を見る

MAP
西区|西神中央駅より市バス21・22系統「かすがプラザ前」下車

西神鍼灸整骨院へのご予約・お問い合わせはこちら!

お電話でのご予約はこちら!
ネット予約はこちら!
西神鍼灸整骨院の受付時間

〒651-2276
神戸市西区春日台3-3 かすがプラザ内

詳しい店舗情報を見る

MAP
須磨区|神戸市営地下鉄「妙法寺駅」徒歩1分 リファーレ横尾 内

妙法寺鍼灸整骨院へのご予約・お問い合わせはこちら!

お電話でのご予約はこちら!
ネット予約はこちら!
妙法寺鍼灸整骨院の受付時間

〒654-0131
神戸市須磨区横尾1-5 リファーレ横尾 内

詳しい店舗情報を見る

MAP

UP

アーカイブ