神戸市西区の不妊治療サポート
ああ

卵子を減少させる原因

2015年09月29日

卵子を減少させる要因

卵子の数が増えることがないということは以前の記事でもお分かりになられたと思います。

卵子の数は成人女性で約400個と言われています。

加えて、卵子の数は月経周期ごとに減り続けるので、

当然年齢が上がるにつれて減少傾向があるのですが、

最近の研究では若い女性にもも卵子が減少している傾向がみられる

という研究結果が出ています。

年齢以外の卵子の減少の研究によると、

①体脂肪率が低い(平均22.6%で減少していない女性と比べ4ポイント低い)

②ビタミンDが不足している

こういう状態が続くと、

若い女性であっても卵子の数が一般的な方と比べ減少してしまうことになります。

妊娠だけにかかわらず健康的で病気になりにくい身体を作るためにも

過度のダイエットは避け、バランスの良い食事と運動は必要なのです。

近年はダイエットブームで

様々なダイエットが流行っていますが、特に極端な単品ダイエットや

摂食制限は避けるほうが良いと考えています。

神戸不妊整体公式ホームページはこちら

神戸不妊整体お客様の声

神戸不妊整体へのお問い合わせご質問

お電話でのご予約・お問い合わせもお受けいたします

078-743-7383(木曜日定休)妙法寺鍼灸整骨院

卵子の数は決まっている

2015年09月28日

卵子の数
女性が一生涯のうちに排卵する卵子は約400個といわれています。

女性の卵子は生まれた時に決まっており増えることはありません。

男性の精子は毎日産生され続けるのに対して、

原子卵胞(女性の卵子の基となる細胞)は出生時に出来上がっています。

原始卵胞は約200万個と言われています。

この原始卵胞は、一般的な女性では思春期に約20~30万個まで減少します。

その後も、月経周期ごとに約数百~千個が減少するとされます。

一日あたり約数十個が減少していき、その後閉経を迎えます。

女性が成人して閉経するまでに排卵する卵子の数は、約400個なのです。

女性の体はその中から良い状態の卵子を排卵しようとするのです。

年齢があがると卵子の質が落ちると言われる大きな理由の一つが

卵子の総数が多い方がその中から良い卵子を選びやすいということなのです。

当然良い卵子ほど、受精や着床がしやすくなります。

高齢出産ほど妊娠が難しくなる理由はこういったことから言えるのです。

出産できる卵子が排卵されるためには、卵胞の数自体がが多い方が有利です。

一般的には卵胞数が多ければ妊娠しやすい(若い時)、

減少すると妊娠しにくくなる(高齢になるほど)とされます。

神戸不妊整体公式ホームページはこちら

神戸不妊整体お客様の声

神戸不妊整体へのお問い合わせご質問

お電話でのご予約・お問い合わせもお受けいたします

078-743-7383(木曜日定休)妙法寺鍼灸整骨院

神戸市西区ライフポート整体・整骨院 グループ院のご紹介

西区|神戸市営地下鉄「学園都市駅」より南へ徒歩1分!はぴね神戸学園都市1F

学園都市鍼灸整骨院へのご予約・お問い合わせはこちら!

お電話でのご予約はこちら!
ネット予約はこちら!
学園都市鍼灸整骨院の受付時間

〒651-2103
神戸市西区学園西町1-1-2

詳しい店舗情報を見る

MAP
西区|西神中央駅より市バス21・22系統「かすがプラザ前」下車

西神鍼灸整骨院へのご予約・お問い合わせはこちら!

お電話でのご予約はこちら!
ネット予約はこちら!
西神鍼灸整骨院の受付時間

〒651-2276
神戸市西区春日台3-3 かすがプラザ内

詳しい店舗情報を見る

MAP
須磨区|神戸市営地下鉄「妙法寺駅」徒歩1分 リファーレ横尾 内

妙法寺鍼灸整骨院へのご予約・お問い合わせはこちら!

お電話でのご予約はこちら!
ネット予約はこちら!
妙法寺鍼灸整骨院の受付時間

〒654-0131
神戸市須磨区横尾1-5 リファーレ横尾 内

詳しい店舗情報を見る

MAP

UP